N建築計画|福井(越前)の新築住宅建築・設計

設計実績

デッキを楽しむ家(里山の家Ⅱ)

所在地 越前市
構造規模 木造2階建て

敷地は、区画整理された小高い住宅団地の一角。周辺には、里山の風景が見える。リビングとダイニングキッチンを分離する家族の生活スタイル、楽しめる外部空間を設けることなどがクライアントの要望であった。いくつかのプラン検討の末、リビングとダイニングキッチンの2つの室の間に中庭空間を挟み込む案が採用されることとなった。2つの室は中庭に向かって視線が開かれており、窓を全開放することで、中庭を取り込んだ一体空間となる。さらにリビング横の和室もつながる。それぞれの室を建具によって繋いだり、分離したりすることで、ライフスタイルにフレキシブルに対応する。屋根裏のロフト空間には、多くの本棚を備える書斎スペースを設けた。このロフト空間は外観上のアクセントになっており、この家の操縦席となることをイメージした。